絶対に失敗したくないスキンケア:乾燥肌のためのスキンケア

スキンケア 乾燥肌
乾燥肌のスキンケアにおいて最も重要なことは、角質層の奥深くまでしっかりと潤いを届けるということです。
角質が硬くなっていたりして肌環境が悪い状態だと、化粧品に含まれる潤いや美容成分が浸透しないという問題が生じます。
潤いが角質層の奥の方まで浸透しないと、肌の表面は潤っているけど内側は乾燥しているというインナードライ状態に陥りますので、まずは角質ケアで肌を柔らかくして化粧品の浸透力を高めるための土台づくりをする必要があります。

そこで役立つのが、ピーリング剤やパックやふき取り化粧水やブースターなどのスキンケアアイテムです。
化粧品の浸透を妨げる要因として古い角質や毛穴の汚れがあります。
ピーリング剤やパックやふき取り化粧水を用いてそれらをオフすると、柔らかく滑らかな角質に導くことが出来ます。
汚れや古い角質が一掃されてクリアな素肌になれます。

潤いの浸透力をさらに高めるためには、ブースターの使用がおすすめです。
ブースターは、化粧水をつける前に使用するスキンケアアイテムです。
ローションタイプやオイルタイプやジェルタイプなど様々な種類のものがありますので、自分の好みや肌質に合わせてベストなものを選びましょう。

ブースターを使用すると化粧水の浸透力が各段にアップし、保湿ケアの底上げをしてくれます。
グングン浸透して角質層の奥深くまでしっかりと潤いを行き渡らせることが出来ます。
化粧水は、量をケチらずにたっぷりと馴染ませることがポイントとなります。
ハンドプレスする場合は二度づけしましょう。

シートマスクやパックを使用して馴染ませると、確実に潤いを肌に届けることが出来ます。
肌の内側に潤いが浸透していくのを確認しながら、丁寧に馴染ませることが大事です。
目元や口元などの乾燥が気になる部分には、保湿美容液をプラスしましょう。

化粧水と美容液を閉じ込めて潤いをキープさせるために、スキンケアの最後は油分を含む乳液やクリームで仕上げます。
保湿ケアを徹底して肌の乾燥が改善されれば角質のバリア機能が向上してターンオーバーもスムーズになりますし、肌細胞の再生も早まりトラブルの無い健康的な肌環境に導くことが出来ます。