今のスキンケアは本当に正しい?朝と夜のスキンケアですっぴん美人!

スキンケア 朝 夜
どんなに良いコスメを使ったとしても、もともとの肌が綺麗でなければ美しい状態に維持することは出来ないものです。
ですからメイクの成分よりもスキンケアの成分にこだわる人のほうが多いでしょう。
ですが、素肌を整えるために使うスキンケアであっても、間違った使い方をしてしまえば肌が荒れてしまいますし、肌を美しくするどころか荒れてしまう、逆効果にもなってしまうので注意が必要です。

特に弱酸性の洗顔は肌に刺激が少なく安全に使うことができるものですが、それでも一日に何回も使用すれば肌に必要な脂分すら肌の上から取り除いてしまうことにもなるので、洗顔は朝と夜の2回が理想です。
真夏で汗を良く掻いてしまう時であっても洗顔で顔をさっぱりさせるのではなく、汗を拭きとるシートなどで軽く拭き取るか、お湯で汗を洗い流す程度にしましょう。

とても良い成分が含まれるスキンケアであっても肌に与え過ぎは良くないですし、肌の表面を乾燥させてしまうことにもつながります。
また、洗顔後に与えるスキンケアは化粧水、乳液、美容液までが限界です。
3種類以上のスキンケアを肌の上にのせても肌はその成分を吸収することができませんから、結局吸収されずに残った成分が毛穴に残り、吹き出物などの原因にもなってしまうものです。

吹き出物はいったんできてしまうとなかなか治りませんし、大きくなっていくものであれば化粧水や洗顔自体も使わないほうが良いということにもなってしまうので注意が必要です。
大人ニキビの場合は原因のほとんどが肌の乾燥ですから、保湿を維持するためのスキンケアは毎日朝と夜にしなければなりませんが、荒れている時は控えめにしたほうが良い場合もあります。

スキンケアも与え過ぎはいけませんし、与えなさすぎもいけないので、朝と夜の2回だけきっちりと丁寧に行うようにもしてみましょう。
また、高成分のものが必ずしも肌に良いとも限らないので、高成分のものは肌状態が良い時で荒れる可能性がない時に使うようにもしましょう。