絶対に失敗したくないスキンケア:脂性肌のためのスキンケア


脂性を改善したいからと言っても、洗いすぎるのは危険です。
汚れや脂をしっかり落とそうとしても、肌に必要なうるおい成分まで洗い流してしまっている危険性があるので注意が必要です。
もし、顔を洗った後にツッパリを感じたり、乾燥したりするのであれば、洗いすぎの証拠です。

肌が乾燥してしまうと、肌がこれ以上ダメージを受けないように、肌を守るために皮脂分泌が活発になり、脂性肌になってしまいます。
肌の皮脂は残しながらも、毛穴はしっかり洗浄するには、保湿成分配合の洗顔料で、肌を保護してくれる皮脂が残るように優しく洗顔することが必要です。

しっかりと石けんを泡立てて、やわらかく包み込むようにして洗います。
指の腹を使って優しく、赤ちゃんを洗っているつもりでやわらかく洗います。
脂性肌にとって乾燥することは大敵なので、優しく洗顔出来たら、次はうるおいが必要です。
肌が乾燥してしまうと肌を守るために皮脂が分泌されてしまうので、乾燥させないために化粧水で十分に肌を潤さなければなりません。

ただし化粧水なら何でもいいわけではなく、脂分やアルコール分が含まれている化粧水なのかどうか見極めることが大切です。
油分は肌に大敵だしやアルコールは肌の水分を蒸発させやすいので、こういった成分が多く含まれている化粧水は使用するときに十分注意が必要です。
洗顔後に化粧水でお手入れをするときは、脂性肌を引き締める効果の高い化粧水で保湿することが望ましいです。
保湿することで皮脂の過剰分布を抑えることができ、脂性肌を改善させることができます。

脂性肌にはクリームや乳液は重くなりがちです。
しかし塗らないと肌が乾燥してしまうような人なら、さらっとしたタイプのクリームを、ほんの少しだけ使用しましょう。
手のひらに軽く伸ばした程度の使用料で大丈夫です。

洗顔後に十分保湿をしていないと、肌を守ろうとして過剰な皮脂分泌がされてしまいます。
過剰な洗顔や不十分な保湿で乾燥してしまい皮脂分泌が盛んになることを繰り返して、脂性肌の原因になったりします。
今までのことに注意してスキンケアを行い、脂性肌を改善していきましょう。