絶対に失敗したくないスキンケア:年齢に合ったスキンケア

スキンケア,年齢
スキンケアというのは必ず年齢にあったスキンケアの方法が存在します。
例えば、10代の子供が母親の基礎化粧品でスキンケアをしたとしても、栄養成分が過剰になってしまうため、結果的に栄養過多で肌荒れを起こしてしまいます。

逆に、40代の女性が安いからと言って子供が使うようなニキビケア専用のスキンケアを使うと、肌を保護するための皮脂まで過剰に洗浄してしまい、肌が乾燥し勝ちになってしまうのです。
このように、年齢によってスキンケア方法は異なるため、年齢に合わせたケアを行うことが大切です。

まず、10代はニキビができやすい年齢であるため、とにかく肌を清潔に保つことが大切です。
過剰な皮脂の汚れを落として清潔に保つことがこの年代に合ったお肌のケアの方法であると言えるでしょう。
朝夕きちんと洗顔をしてアクネ菌をきれいに洗い流し、化粧水で保湿するだけで10代の頃は十分と言えます。

次に、20代もお肌は若々しく、過剰なスキンケアは必要な年代ではありません。
しかしながら、化粧をする機会が増えることもあり、ダブルクレンジングで肌をゴシゴシ洗いすぎてしまったり、間違ったお肌のケアをしがちな年代とも言えます。

クレンジングでメイクを落とす時にはゴシゴシと洗いすぎないように気をつけたり、泡で汚れを浮かせるように優しく洗うことが大切です。
この年代の時に間違ったケアをしてしまうと、30代や40代になった時にお肌に現れるので要注意です。

30代はお肌の曲がり角と言われています。
UVケアをこまめにすることと、お肌の保湿をしっかりとしてお肌のバリアをしっかりと高めることが何よりも大切です。

生活習慣も肌に現れやすくなるので、規則正しい生活を心がけたいところです。
最後に、40代以降になると、毎日のスキンケアをしているかしていないかで年齢の現れ方が大きく異なってきます。
実年齢よりも若く見られるためには、毎日の保湿ケアや定期的な美容ケアが欠かせなくなるのです。